ホーム / 受験生の方 / 先輩・卒業生からのメッセージ / 先輩・卒業生からのメッセージ5

先輩・卒業生からのメッセージ5

化学プロセス工学コースに進学した動機について

私が化学プロセス工学コースを選択した理由は,化学工学という学問の汎用性の広さに惹かれたからです。

物事を巨視的にとらえて重要な要素を抽出しモデル化するという化学工学の視点は,将来どのような分野に自分が進むことになっても必ず役に立つだろうという思いから,このコースを選択しました。

また,他の分野に比べて就職に強いと言うのも,魅力の一つでした。

化学プロセス工学コースの印象について,コース配属前と同じだった点, 配属後に印象が変わった点

配属が決定した際にコース内で歓迎会を催して下さり,先生方や先輩方の暖かい雰囲気を感じることができました。

配属前から講義等で先生方の熱意を感じてはいましたが,講義だけでなく学生生活においても親身になって支えてくれる人達が集まっているコースだと思います。

配属後に印象の変わった点としては,化学工学がカバーしている範囲が想像以上に広かったことです。

化学プロセス工学コースに配属されてからのことについて

ただ講義を聞いて勉強するだけではなく,工場見学などで実際に化学工学が活かされている場面を見ることが出来,自分達の専門が社会にも必要とされていることを実感できました。

化学プロセス工学コースの授業で印象に残ったこと,または為になったこと

例えば環境問題において,リサイクルが地球のために役に立つ一般的に思われがちですが,実際はリサイクルに必要なエネルギーが大きすぎて,かえって地球に悪影響を及ぼしてしまうことがあるということを,このコースの講義を聞いて初めて知りました。

化学工学を学ぶことを通して,物事を判断する上でこういった本当に大切なことを見落さない視点を持つことができる様になったと感じています。

化学プロセス工学コースに入って良かったと思うこと

化学工学を学ぶことを通して,物事を大きな視点で捉えて本当に重要なものを見抜く力が養えたことです。

4回生で研究室配属されてからのことについて

4回生で研究室に配属されると,卒業研究等の大きな課題が待っていて,自分の力だけではなかなか解決できないことも多くなってきます。しかし,困った時はいつも研究室にいる先輩や先生方が色々とアドバイスを下さるので,とても助かりました。

 学業以外の学生生活について

勉強だけでなく,サークルやバイト,趣味等に打ちこむ時間が取りやすく,充実した学生生活を送るには適したコースだと思います。

新入生へのメッセージ・アドバイス

大きな視点で物事を捉えることは,今後の人生において様ざまな決断を迫られた際に必ず必要になる力だと思います。

そのような力を養うためにも,化学工学という分野を知っておくことは大変有用だと思います。

また,4年間という大学での生活は,長いように見えて案外サッと過ぎて行ってしまいます。後で後悔しないためにも,やりたいと思ったことには迷わないで積極的にどんどんチャレンジし,充実した学生生活を送ってください。

高校生へのメッセージ・アドバイス

やはり受験勉強も大切かもしれませんが,それだけで高校生活を終えてしまうのは勿体ないと思います。

部活・趣味・恋愛etc.色んな事に打ちこんでメリハリの効いた毎日を送ることは,自分自身の視野を広げることが出来ますし,受験勉強をする上でも決してマイナスにはならないと思います。

受験というものをあまり堅苦しく考えず,色んな事に挑戦し,充実した高校生活を送ってください。