ホーム / コースの紹介 / 研究室見学会 / R4 2回生研究室見学会・講演会

R4 2回生研究室見学会・講演会

工業化学科 2回生対象(1回生,3回生も参加可能)

令和4年度化学プロセス工学コース 研究室見学会・講演会

化学プロセス工学コースでは,教育・研究内容をよく知ってもらうため,下記の要領で見学会・講演会を開催します。化プロでの学習・研究の様子を知ることができる貴重な機会ですので,ぜひ参加してください。

日時:令和4年8月5日(水)

開催方法:Zoom開催(接続方法については工業化学科事務より2回生にアナウンスがあります。それ以外の学年の学生の接続、もしくはその他の質問等については佐野までメールで問い合わせてください。メールアドレス:sano(アットマーク)cheme.kyoto-u.ac.jp)

内容:

13:00 開会挨拶
13:05 在学生・卒業生による化学プロセス工学コース説明
          講演1  小林 巧弥 氏(2021年卒業,化学工学専攻修士課程2回生)
          講演2  真木 晶 氏(2011年卒業,三菱ケミカル株式会社)

14:05 研究室説明
          14:05 界面制御工学研究室
          14:25 エネルギープロセス工学研究室
          14:45 材料プロセス工学研究室
15:05 閉会

 

在学生・卒業生による化学プロセス工学コース説明:講演概要

13:05~13:35 講演1 「化プロコース進学という選択」

小林 巧弥 氏(2021年卒業,化学工学専攻修士課程2回生)

今後の将来を大きく決めるコース配属を目前に控え,選択を悩まれている方も多いと思います。本講演では,特に「化プロってなに?」「化プロははっきり言って当たり?ハズレ?」などの疑問に答えようと思います。皆さんのコース選択の材料となる情報を,私の化プロでの4年間を通じて紹介させて頂きます。自分の将来を考えつつ、気軽にお聞きください。

 

13:35~14:05 講演2 「化学工学 ✕ 総合化学 ✕ R&D

真木 晶 氏(2011年卒業,三菱ケミカル株式会社)

化学工学を学び,総合化学会社に入社し,R&Dに近い生産技術を担当してきた経験を中心に,改めて当時の化プロコースという選択を俯瞰してみます。なんだかよくわからなかったものが掛け合わさって何が見えてきたのか。皆さんの悩めるコース選択の一助となる活きた情報・思いをお届けできればと思います。軽い気持ちでお聞きください。